INFORMATION

【Brand New Release】DIRTY JOINT / DOPE茅ヶ崎

DIRTY JOINT 1st EP「DOPE 茅ヶ崎」CD&12inch EP
2020.07.22(wed) Pre-Release
2020.08.26 (wed) Release


■ Title:DOPE茅ヶ崎
■ Artist:DIRTY JOINT
■ Format:EP / CD / Streaming
■ Genre:Hiphop
■ CatNo.:DLIP-0061 / DLIP-0062
■ Price:EP ¥2,500(tax in-) / CD ¥1800 (tax in-)
■ Pre-Release:2020.07.22(wed) ※DLiP WEB SHOP ONLY
■ Release:2020.08.26(wed)


 

【EP TRACKLIST】

SIDE A
A-1. Dirty Shit (prod. KECHA)
A-2. Mission (prod.KECHA)
A-3. DOPE CHIGASAKI (prod. SG THE KOOLEST)
A-4. Wanna Be (prod. KECHA)

SIDE-B
B-1. Yes Yes Ya’all (prod. SG THE KOOLEST)
B-2. F.T.B (SG THE KOOLEST)
B-3. Ninja Tune feat. Suna Demus (prod. KECHA)
B-4. Life (prod. KECHA)

【CD TRACKLIST】

1.   Intro (prod. KECHA)
2.   Dirty Shit (prod. KECHA)
3.   Mission (prod.KECHA)
4.   DOPE CHIGASAKI (prod. SG THE KOOLEST)
5.   Wanna Be (prod. KECHA)
6.   Yes Yes Ya’all (prod. SG THE KOOLEST)
7.   F.T.B (SG THE KOOLEST)
8.   Ninja Tune feat. Suna Demus (prod. KECHA)
9.   Life (prod. KECHA)
10. Outro (prod. KECHA)

【Streaming TRACKIST】

1. Intro (prod. KECHA)
2. Dirty Shit (prod. KECHA)
3. Mission (prod.KECHA)
4. DOPE CHIGASAKI (prod. SG THE KOOLEST)
5. Wanna Be (prod. KECHA)
6. Yes Yes Ya’all (prod. SG THE KOOLEST)
7. F.T.B (SG THE KOOLEST)
8. Ninja Tune feat. Suna Demus (prod. KECHA)
9. Life (prod. KECHA)
11. JUST ANOTHER DAT feat. SALASA (prod. KECHA)
10. Outro (prod. KECHA)


 

Moss Village、さらに西へ…
シーンをFlipさせる新たな才能は、えぼし岩がそびえる海の街に存在する。

「DLiP RECORDS presents…”BLAQLIST”」で毎回見せる圧倒的なパフォーマンスから、
音源のリリースを渇望されていたPE2とFINという2MC、湘南のYOUNG GUNZこと「DIRTY JOINT」が遂にそのベールを脱ぐ。

Album Titleとなった「DOPE CHIGASAKI」とは…
SurfカルチャーやSK8カルチャーがストリートの中で自然に融合した独特の空気を持った茅ヶ崎の街を表現した言葉だ。

そんな街を遊び場としている彼らの日常をそのまま描いたLyricからは、地元への愛・友への愛・カルチャーへの愛が感じられる。
さらに共に音楽を続けるKECHA, SG THE KOOLESTによるDOPEで煙たいBEATをFreshに颯爽と乗りこなすPE2とFINのRAPは、
“イマ”らしさ”がありながら、ブレない芯の強さを感じさせ、巷にいるありきたりなラッパー達とは一味も二味も違う唯一無二の個性を魅せつけている。

今までずっとオリジナルメンバーでのリリースしかなかったDLiP RECORDSにおいて、
メンバーの満場一致でDIRTY JOINTのリリースが決まったのも納得の完成度。
SurfもSK8もHipHopも全て日常の中で生きてきたDIRTY JOINTによる、
全てのカルチャーを自然体で表現している ”DOPE CHIGASAKI”の空気感をぜひ、その耳で感じてほしい。

LINEで送る